新型シャトル

ホーム > 新型シャトル

新型シャトルはフィットの後継車種になる。フィットとの違いは?どの程度改良されているのか。気になる点をまとめている。

シャトルの種類と特徴

〈ハイブリッド〉 軽乗用車 ミニバン 〈コンパクト〉 セダン スポーツ/SUV ModuloX 商用車


新型シャトル「スポーツハイブリッドi-DCD」スポーティーな走りを
新型シャトル「スポーツハイブリッドi-DCD」スポーティーな走りを

2015年5月中頃に新型シャトルが

フルモデルチェンジで発表される。


今までは、フィットシャトルで発売されていたが


フルモデルチェンジ後は新型シャトルの名前になり

フィットがなくなる。


現行フィットとの明確な違いを図り

ステーションワゴン市場でNo.1を目指している

スポンサード リンク


 

特徴

 

新型シャトルは取り回しがよく5ナンバーサイズでありながら広いラゲッジスペースと室内空間を確保している。


ほとんどの立体駐車場に収まる全高さ1,545mmで

マンション駐車場やデパートの駐車場にも入庫できる。


全長4,400mmの取り回しのしやすいサイズで

最小回転半径が4.9mだ街中の運転や車庫入れ時にも取り回しがよい。


クラストップレベルのラゲッジスペース

9.5インチのゴルフバックも4つ積めて4人でゴルフに行く事も可能だ。

どれほどの室内空間が用意に想像できるだろう。

フィットでは小さくジェイドでは大きいと感じるユーザーにぴったりの車に仕上がっている

 

タイプ

 

タイプはガソリン車とハイブリッド車の2種類になる。

【ガソリン】

・1.5L 直噴エンジン

 

・【ハイブリッド】

1.5LアトキンソンサイクルDOHC-iVTEC

 

新型シャトルのスペック

 

ガソリン車とハイブリッド車のスペックは同等だ

 

全長 4,400mm

全幅 1,695mm

全高 1,545mm

 

5ナンバーサイズで、立体駐車場に収まるサイズである。

 

 JC08モード

 

ガソリン

〈FF〉 21.8km/L

〈4WD〉  19.4km/L

 

ハイブリッド

29.6km/L~34.0km/L

 

新型シャトルのグレード

 

〈ガソリンタイプ〉

G

新型シャトルはガソリン車は1タイプになる

 

〈ハイブリッド〉

ハイブリッド

ハイブリッドX

ハイブリッドZ

 

ハイブリッドは3タイプ用意している新型シャトル

 

タイプ別装備

 

ハイブリッドZ
ハイブリッドZ

[ 装備(HYBRID Xの装備に加えて) ]

・フォグライト

・運転席&助手席シートヒーター

・プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナー

(左右独立温度コントロール式)

・ダブルステッチ付コンビシート

(プライムスムース×ファブリック)

・木目調ガーニッシュ

(インストルメントパネル部、ドアライニング部)

・ルーフレール

・16インチアルミホイール等


快適装備をプラスしたおすすめモデル

[ 装備(HYBRIDの装備に加えて) ]

・Honda LEDヘッドライト

〈インラインタイプ〉

・あんしんパッケージ

・クルーズコントロール

・ナビ装着用スペシャルパッケージ

・コンビシート

(プライムスムース×ファブリック)

・本革巻ステアリングホイール

・マルチユースバスケット

・振幅感応型ダンパー

(フロント / リア)

・パドルシフト等


装備充実のスタンダードモデル

[ 装備(Gの装備に加えて) ]

・Hondaスマートキーシステム

・プラズマクラスター技術搭載

フルオートエアコンディショナー

・マルチインフォメーション・ディスプレイ

・遮音機能付フロントウインドウガラス

・IRカット〈遮熱〉/ UVカット機能付フロント

ウインドウガラス

・ハイブリッド専用

LEDリアコンビネーションランプ等

1.5L 直噴エンジンを搭載したガソリン車もラインアップ

[ 主要装備 ]

・ハイデッキセンターコンソール

(ドリンクホルダー / 大型アームレスト付コンソールボックス付)

・ソフトパッドパネル

(インストルメントパネル部)

・クロームメッキ・エアコンアウトレットノブ

・コンフォートビューパッケージ

(4WD)

・ハーフシェイド・フロントウインドウ

・LEDリアコンビネーションランプ

・電動格納式リモコンカラードドアミラー

(LEDウインカー / ドアロック連動格納機能付)

・15インチスチールホイール + フルホイールキャップ など

 

価格

 

新型シャトルの車両本体価格を見て行こう

・ガソリンGタイプ

〈FF〉1,690,000円~1,918,961円

〈4WD〉1,884,400円~2,113,361円

 

・ハイブリッド

〈FF〉1,990,000円~2,283,657円

〈4WD〉2,190,000円~2,478,057円


・ハイブリッドX

〈FF〉2,190,000円~2,472,857円

〈4WD〉2,384,400円~2,634,857円

 

ハイブリッドZ

〈FF〉2,380,000円~2,565,657円

〈4WD〉2,542,000円~2,727,657円 

 

ボディーカラー

 

ハイブリッドZ、Xは8色

「ホワイトオーキッドパール」「アラバスターシルバーメタリック」など

ハイブリッド、ガソリン車は5色

「ミッドナイトブルービームメタリック」「ミスティックガーネットパール」「ゴールドブラウンメタリック」がない

 

エクステリアの特徴

 

エクステリアが特徴
エクステリアが特徴
極薄ヘッドライドだが明るさは抜群だ
極薄ヘッドライドだが明るさは抜群だ

シャープで、切れ長である極薄ヘッドライト。

今までのホンダには珍しいフロントマスク仕様。

極薄LEDヘッドライトが特徴的であり、ヘッドライトからエンブレムまでに伸ばしたメッキバーは、存在感を引き立てる。

ルーフには、先進的なシャークフィンアンテナを全タイプに採用しており都会的な印象を与える。

フロントエアロバンパー、大型テールゲートスポイラー、サイドガーニッシュすべてを装備したフルエアロのエクステリアデザインである。

 

ラゲッジスペース

 

広々としてフラットな荷室。きめ細やかな配慮が行き届いた収納

段差がなく、フラットな荷室。


後席シートを倒せば車内で寝転べる室内全長1,840mm

ただ、ラゲッジスペースの広さだけを追及したのではなく

後席のヘッドレスト後ろに、小物が収納できるバスケットを装備している。


ラゲッジアンダーボックスも装備しており、

洗車道具などを収納できる秘密のボックスも全タイプ装備している。

スポンサード リンク