新型ステップワゴン

ホーム > ホンダ全車種 > 新型ステップワゴン > 走行性能

新型ステップワゴンになってから走りの性能はどのような変化があったのか。馬力は?燃費は?

燃費においてはライバル車種と比較してみた。実際に比較してみたが燃費は文句ない仕様に出来上がっている。また、停車から発進時のスタートが今までは苦手であったが今回からかなり改良されているのがわかった。参考にしてもらいたい。

 

走行性能を他車種と比較

 

ステップワゴンの走行性能に

ついてまとめてみようと思う。


一番気になるのがが馬力に燃費だと思う。

 

ライバル車種と比べてどうなのか。

 

まとめてみたので参考にしてもらいたい。

 

まずは新型ステップワゴンのエンジン

から知っておこう。

スポンサード リンク


 

新型ステップワゴンのエンジン

 

□1.5L  VTECターボエンジン

 

走りと燃費を両立させた新型のエンジンだ

 

ガソリン車では、クラストップの低燃費を実現している、

■JC08モード

 

燃費をライバル車種と比較

 

新型ステップワゴンは

17.0km/L

これに対して他の車種の燃費は

・セレナ

16.0km/L 

ノア

16.0km/L


よく比較される車種と比較しても新型ステップワゴンの方が勝っている事が分かる。

新型ステップワゴンスパーダは

16.0km/L

・セレナハイウェイスター

15.4km/L

・ヴォクシー

16.0km/L


ヴォクシーと燃費は同じだ。セレナハイウェイスターよりは燃費が良い仕様になっている。


今回のステップワゴンでは

ターボで力強くキビキビした走りを実現しながら、

エンジンの回転数やアイドリングストップ機能を効率よく使い

燃費を向上させているのだ。

 

ターボタイプ

 

従来のターボ車では、走りが乗り始めた頃にパワーを発揮していて、

スタート時には加速性能が十分に発揮できなかった。

 

新型ステップワゴンでは、

ミニバン多人数乗車が基本にある。

この為スタート時の低速から力強いターボパワーを発揮する。

人が多く乗っていてもスタートのパワーは関係なくなった。


実際に試乗すると

スタート時の加速は驚くだろう。

低速回転から、最大トルクを発生させ  


2,400CCエンジン並の高性能を発揮するのだ。

ステップワゴン関連記事