新型ステップワゴン

ホーム > ホンダ全車種 > 新型ステップワゴン > VS ノア&ヴォクシー

発表時から常に注目を集めている新型ステップワゴン。

この車種の競合車種はトヨタのNOAH(ノア)そしてVOXY(ヴォクシー)だ。

人気の高いミニバン3種を徹底比較している。

 

ステップワゴンとノアとヴォクシーどれがお勧めか

 

新型ステップワゴンの競合車種は


トヨタのNOAH(ノア)

解放感溢れるビッグキャビンを包み込む躍動的なスタイルだ
解放感溢れるビッグキャビンを包み込む躍動的なスタイルだ

そしてトヨタのVOXY(ヴォクシー)だ。

スポーティーなボディが輝きを放つ。一方先の新時代のミニバン
スポーティーなボディが輝きを放つ。一方先の新時代のミニバン

この3種を比較してみた。

ノアとヴォクシーはステップワゴンの競合車種1位2位を

争う。

スポンサード リンク


 

燃費

 

新型ステップワゴン

17.0km/L


NOAH(ノア)

・VOXY(ヴォクシー)

16.0km/L


低燃費性では、新型ステップワゴンが勝る

しかしノアとヴォクシーも決して悪くない数値だ。

 

エンジンと馬力

 

◇エンジン


新型ステップワゴン

1.5LVTEC直噴ターボ

 

・ノア/ヴォクシー

2.0Lエンジン

 

◆馬力(パワー)


新型ステップワゴン

110kw150PS


ノア/ヴォクシー

112kw152PS

 

馬力は2PSノアとヴォクシーが上回るが2PS程度であれば大差はない。

 

馬力はノア/ヴォクシーが勝るので実際の走行テストをしてみた

 

走行テスト

 

◇発進加速

 

【新型ステップワゴン】では


ターボの効果を発揮して、アクセルを踏み込まなくても力強い加速になる。


わずか1,600rpmで最大トルクを発生しているので


ストレスなく加速しアクセルを踏み込む必要がない。

これによりノアとヴォクシーにも勝る低燃費性も実現している。


一方、


【ノアとヴォクシー】の発進加速では

先代のステップワゴン同様、

ある程度アクセルを踏み込まないと加速しない


新型ステップワゴンが

1,600rpm付近で最大トルクを発揮に対して


ノアとヴォクシーの最大トルク75%程度である。

 

また、加速に乗り初めてからの走行性能は


新型ステップワゴン


エンジン回転数2,000~4,000まで

ずっと最大トルクを維持しているので乗り心地がよい


NOAH(ノア)とVOXY(ヴォクシー)


加速がついてもエンジン回転数3,000付近に達していても最大トルクには至らない。


これに対して

・新型ステップワゴン

日常よく使用する回転数でずっと最大トルクを発揮している。


・ノアとヴォクシー

日常よく使用する回転数では最大トルクには至らないのである。


上り坂での加速で回転数が

5,000回転付近に到達しても新型ステップワゴンでは最大トルクの状態である。


ノア/ヴォクシーはようやく3,800回転付近で最大トルクを発揮できるのだ。

 

新型ステップワゴンはどのような場面でも最大トルクを発揮できる。

回転数1,600~5,000

 

ノアとヴォクシーは上り坂の加速時に最大トルクを発揮する

回転数3,800


ダウンサウジングが魅力的な新型ステップワゴンだ。


ダウンサウジングとは

昔のターボと違って馬力があってしかも低燃費なのが特徴だ。

 

使い勝手

 

ステップワゴンは最大の魅力は

わくわくゲートだ。 


乗り降りができるサブドアは新型ステップワゴンにしかない魅力である。


室内からでもサブドアから外に出れるので日常の使い方にピッタリの車種になっている。


ノアとヴォクシーは

先代ステップワゴン同様に上下開閉式テールゲートだ。

乗り降りする際は狭い所では、大変である。

 

◆3列シート格納時

 

新型ステップワゴン

3列シートは床下に格納できるので荷室の横幅を最大限に使う事が可能だ。

そして床下格納なので車庫入れ時での後ろの視界がとてもよい。


ノアとヴォクシー

跳ね上げ式の3列シートなので

シートが邪魔になり荷室を最大限に使う事は出来ない。

車庫入れ時の後ろの視界が3列シートが邪魔になり見え辛い。

 

 

◇安全性能


新型ステップワゴンは先進の安全装備だ。

「HONDAセンシング」を採用しており

日常の運転から、長距離ドライブまであらゆるシーンで、安心して運転できる。

  

家族みんなで楽しめる1台に仕上がっている。

ステップワゴン関連記事