ダイハツ新型ミライース フルモデルチェンジ情報【燃費/価格】

新型ミライースのフルモデルチェンジ最新情報

ダイハツの新型ミライースのフルモデルチェンジ最新情報を公開。気になる燃費や価格は?No.1の燃費性能に進化する新型ミライースを見逃すな。


ミライースはダイハツ工業が開発している軽自動車(軽セダン)で

ミラをベースにした5ドアハッチバック型乗用車だ。

 

環境問題や、とにかく安く車に乗りたいと言うユーザーの期待を受け、

誰もが気軽に乗れる「第3のエコカー」をコンセプトに開発された。

 

特徴は、

「e:Sテクノロジー」を採用し

・軽量化

・トランスミッションの改良

・エンジンの改良 により、40%もの燃費性能を改善している。

 

車両価格の安や、燃費の良さが売りである。

現行ミライースのJC08モード燃費は35.2km/Lだ。

 

今回フルモデルチェンジを受け、さらに燃費性能が向上する。

 

フルモデルチェンジ後は実質燃費性能No.1となるその燃費には注目だ。

 

現在はスズキアルトがJC08モード燃費:37.0km/Lと言う数字を叩き出し追いぬかれている。

 

スズキアルトは、

超軽量化ボディを手に入れ、さらにエネチャージを進化させ燃費性能を向上させたのだ。

 

これを追い抜く為にミライースは新型に生まれ変わるわけだ。

 

新型ミライースのフルモデルチェンジの情報にいく前に、

まずはミライースについて理解を深めよう。

 

初代ミライース(LA300S/310S)2011年~


(画像:初代ミライース)
(画像:初代ミライース)

初代ミライースは2011年9月20日に発売開始された。

ダイハツミライースはまだ1代目となり、この初代が現行車種となる。

 

次にフルモデルチェンジされる新型で2代目となる、まだ歴史が浅い車種だ。

しかし、ダイハツの最新の技術を存分に組み合わせている。

 

特に、ミライースは燃費には強いこだわりを持っており、

燃費性能での王者の座は早い段階で取り返したい所だ。

 

「ミライース」と言う名前の由来は、

ダイハツが開発した新技術である「Energy Saving Technology」からとっており、

 

これにベースとなった「Mira」の名前を追加した。

 

「eco&smart」という意味も含んでおり、

更に「eco」は「ecology」「economy」双方の意味を持つ。

 

近年の環境問題も考え開発されている事が名前の由来からも分かる。

 

グレードは当初、2WD車4グレード・4WD車2グレードの計6グレードで、

ボディーカラーは「D」を除くと8色、トランスミッションはCVTのみであった。

 

この「D」は、最廉価グレード(価格:766,286円)で、受注生産車となる。

カラーは「ホワイト」のみだ。

 

2011年10月3日に2011年度のグッドデザイン賞を受賞している。

 

【主なモデルチェンジ】

・2013年8月19日 マイナーチェンジ

・2014年7月9日 一部改良

・2015年4月8日 一部改良

 

初代ミライースのスペック

全長×全幅×全高 3395×1475×1500mm
ホイールベース  2455mm 
車両重量

730kg(FF全車)

790kg(4WD全車)

ボディタイプ

5ドア ハッチバック

乗車定員 4名
エンジン

・KF-VE型 0.658L 直3 DOHC DVVT

最高出力

52ps/6,800rpm

最大トルク

6.1kg・m/5,200rpm

駆動方式 FF/4WD
変速機 CVT
サスペンション

前:マクファーソン・ストラット

後:トーションビーム(FF)

3リンク(4WD)

OEM

トヨタ・ピクシスエポック

スバル・プレオプラス

先代

ダイハツ・エッセ

スポンサード リンク

新型ミライースのエクステリア


(画像:次期ミライースか?)
(画像:次期ミライースか?)

フルモデルチェンジ後の新型ミライースのエクステリアデザインはどうなるのだろうか。

 

現行のミライースは特にポップ過ぎず万人受けするデザインとなっている。

 

決して高級感のあるような車種ではないが、無難に乗れる車種だ。

 

「誰でも気軽に乗れる車種」がコンセプトなので新型ミライースもこれを継承する。

 

実は次期ミライースと呼ばれている車種は、

2015年の東京モーターショーで既に発表されている。

 

それが「D-BASE(ディーベース)」だ。

ダイハツが発表した「次期型スモールコンセプトカー」がこのDベースだ。

(上記画像)

 

画像で見る限り、先進的なデザインやカラーとなっているが、市販化される頃にはもう少し一般的なデザインやカラーになると言う。

(画像:ダイハツD-ベース)
(画像:ダイハツD-ベース)

所々にベース色よりも濃い色を混ぜてラインを強調するこのスタイルはこのまま市販されればデザインで惚れて購入する層も増えるかもしれないが、このままでは人を選んでしまう。

 

フロントライトは三角形で、

今後のダイハツの新型車にはこの形のライトが使われる可能性もある。

(画像:D-ベースのフロントライト)
(画像:D-ベースのフロントライト)

新型ミライースのインテリア


(画像:新型ミライースのインテリア?)
(画像:新型ミライースのインテリア?)

次に新型ミライースのインテリアについて見ていこう。

 

こちらもベースとなるD-ベースを基に開発されると言う。

 

D-ベースのインテリアは上記画像をご覧頂くと分かるが、

これでもかと言うほど近代的に仕上げて来ている。

 

水色やブルーを基調にしているが、このカラーのままで市販化されると好き嫌いが分かれてしまう。

 

現行ミライースと比べると、

あまりにも差があるのでこちらは落ち着いた色合いに変更して市販化される。

 

コンセプトモデルは敢えて近未来的なデザインとする事が多く、そのほとんどは市販化では落ち着いた物となる。

 

新型ミライースも例外ではない。

 

新型ミライースのボディサイズ


新型ミライースは軽自動車なので現行のボディサイズとそこまで大きな変化は望めない。

しかし、車両重量はグッと下がる。

 

コンセプトモデルとなっているD-ベースは

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1490mm

ホイールベース:2460mm

車両重量:650kg だ。

 

現行ミライースのボディサイズは

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1500mm

ホイールベース:2455mm

車両重量:730kg(FF全車)

 

コンセプトモデルの方が若干コンパクトになっている。

 

新型ミライースの予想ボディサイズは下記の通りだ。

全長:3395mm

全幅:1475mm

全高:1495mm

ホイールベース:2455mm

車両重量:645kg

 

ボディサイズにそこまで変更は無いものの、車両重量は大幅に軽量化される事が予想される。

 

これはやはり燃費の向上にある。

 

ライバル車種スズキのアルトに勝つ為にはどうしてもより軽量化させる必要があるのだ。

 

 

新型ミライースのプラットフォーム


(ダイハツの新開発プラットフォームが採用される)
(ダイハツの新開発プラットフォームが採用される)

車にとってプラットフォームはとても大切な物となる。

軽量化など車体本体の作りをプラットフォームと言い、燃費性能に大きく関係してくる部分だ。

 

ダイハツの新型ミライースでは

次世代プラットフォーム「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」を採用してくる。

 

ダイハツはトヨタに完全子会社化にされたわけだが、

このDNGAは、トヨタのプラットフォームTNGAとは対をなすダイハツ車の核となるものだ。

 

簡単に言うとTNGAのダイハツバージョン。

DNGAが担っていくのはTNGAが採用される範囲外の車種となる。

ダイハツが得意とするA/Bセグメントの車種には今後採用されていくと言われている。

 

このDNGAはスズキアルトの650kgと言う超軽量ボディに対抗する為に開発された物でもある。

 

新型ミライースの脅威の燃費性能をフルに発揮できるのもこのDNGAのお陰となるのだ。

 

新型ミライースの車両重量は650kg以下となる


(燃費も重量も新型ミライースVSアルト)
(燃費も重量も新型ミライースVSアルト)

スズキアルトの2WDの車両重量は650kgだ。

(4WD:700kg)

 

その結果、JC08モード燃費は37.0km/Lと言う驚異的な燃費性能を発揮している。

 

スズキアルトが超軽量化に成功していてダイハツがそれを超えられない分けがないのだ。

 

このアルトが誕生したのは、2014年12月22日だ。

すでに2年以上の時間が経っている。

 

新型にフルモデルチェンジされるミライースはこの車両重量に負けるわけにはいかないのだ。

 

意地でも650kgよりも軽いボディとなって誕生するだろう。

関係者は645kgで誕生させると話している。

 

新型ミライースのタイヤ「オロジック」


(新たに燃費タイヤを採用する)
(新たに燃費タイヤを採用する)

新型ミライースは新開発の燃費タイヤを採用する。

 

タイヤのサイズは18インチだ。

軽自動車なのに18インチのタイヤを採用するのには理由がある。

 

このオロジックとはブリジストンの新技術で、圧倒的な低燃費の実現を目標として作り上げたタイヤの事だ。

 

実際にオロジックと他のタイヤで燃費性能を計測するテスト走行も行われその差は実験済みである。

 

オロジックのトレッドパターンは非対称で右がアウト側、イン側は直進性を重視したパターンとなっておりスポーツタイヤのような雰囲気を持ち、実際に走行性能も向上すると言われている。

 

抵抗を極限まで減らしているので低燃費を実現するのだ。

 

新型ミライースのエンジン


・ガソリンエンジン KF-EV6型

直列3気筒660cc DVVT付DOHC12バルブ・EFI・事前吸気エンジン

 

最高出力:50PS/6800rpm

最大トルク:5.8kgf.m/5200回転

 

 

新型ミライースは現行エンジンを改良する。

 

現行エンジンは、

KF-VE型 0.658L 直3 DOHC DVVTだ。

 

なおD-ベースのエンジン性能は

最高出力:50ps/6800rpm

最大トルク:5.8kgm/5200rpm

 

このD-ベースに近いエンジンとなる。

 

新型ミライースの駆動方式


FF/4WD(四輪駆動)

 

FF(2輪駆動)&4WD(四輪駆動)と現行と同じ方式が選べる。

 

新型ミライースのトランスミッション


CVTのみ

 

軽自動車と言う性質上特別なトランスミッションは用意されない。

しかし、効率的なCVTとなる事は確かだ。

動力伝達能力がされに鋭く進化する。

スポンサード リンク

ダイハツ新型ミライースの発売日


最新情報では新型ミライースの発売日は2017年夏以前と言われている。

 

2017年6月にフルモデルチェンジされるとの予想だ。

 

ダイハツがトヨタの完全子会社化されたのは2016年8月だ。

1年以内に新車を発表する算段でいる。

 

この為、遅くて2017年8月だと言われている。

 

ダイハツ新型ミライースの燃費


新型ミライースはスズキアルトのJC08モード燃費37.0km/Lを追い越す為に開発されている。

この為、JC08モード燃費:37.0km/Lは当たり前だ。

 

しかしダイハツは新型ミライースで更なる上を目指している。

ミライースはガソリン車だが、ハイブリッド車をも凌駕する燃費性能を待たせてくると言う。

 

現在ハイブリッド車で燃費スターはトヨタのプリウスである。

プリウス「E」グレードでJC08モード燃費:40.8km/Lを達成している。

 

これを越えるように開発されていると言う。

 

現在新型ミライースの燃費は41.0km/Lオーバーと予想されている。

 

燃費についてはフルモデルチェンジ直前にならないとはっきりしない。

 

固い所で40.0km/Lは確実だろう。

 

この燃費性能は、軽量化だけではい。

タイヤにも秘密があるのだ。

 

新型ミライースはブリジストン製の18インチ低燃費タイヤ「オロジック」を導入する。

 

さらに、排気ガス熱からの発電システムや電磁波による燃焼率向上等が燃費向上に拍車をかける。

 

正確な燃費についてはフルモデルチェンジ直前にならないと公表されない。

より詳細が入り次第更新していく。

 

ダイハツ新型ミライースの価格


ミライースの特徴は「安さ」でもある。

新車が70万円で購入できるのはミライースくらいではないだろうか。

 

現在ミライースの価格は

766,286円~1,316,572円の設定である。

 

この値段設定を大幅に上回る事が無いような価格設定で来るのは確かだ。

 

さすがにフルモデルチェンジ後に70万円代の設定があるかは現在はまだ不明だが、

 

売れ筋グレードでも120万円前後になるだろう。

 

新型ミライースの価格についての最新情報が入り次第更新する次第だ。

スポンサード リンク